マーケティングオートメーションが会社にもたらす影響って?

マーケティングオートメーションとは

マーケティングオートメーションは、営業活動においてマーケティング部門が担当している3業務、見込み客を集めるリードジェネレーション、見込み客を育てるリードジェナーチャリング、見込み客を選別するリードオリフィケーションの一連の作業を自動化したシステムを指します。
具体的には、リードのリストを作成し、施策を実行した後、メールマガジン開封率やホームページ訪問履歴を解析します。そして行動履歴によって見込み客をセグメント(市場の中で共通の顧客属性を持っている集団)毎に分類し、リードスコアリング(購買意欲のスコア化)を行います。それらの情報をCRM(顧客管理システム)に登録し、顧客化しやすいリードを選抜して育成しながら、マーケティング・営業活動のパフォーマンスを分析していきます。

マーケティングオートメーションが求められる理由

インターネットで簡単に製品情報を検索できるようになった現代社会では、わざわざ営業に来て貰わなくても情報が手に入る事で、長年続いてきた、直接会う事を大切にする「御用聞きタイプ」の商談開拓手法は通じなくなりつつあります。その代替手段として、メールやウェブコンテンツを通じての情報提供を希望するようになりました。
しかし顧客を増やす上で、人の心を鷲掴みにする事が大切な点は今も昔も変わりません。むしろ価値観が多様化している現代では、見込み客のニーズは益々細かくなっているので、むしろ人的負担は大きくなっています。
この現状に対応する上で、マーケティングオートメーションは人的負担の解消と効率化に大きく役立ちます。もちろん導入に至るまでの投資と維持経費がある程度かかってしまいますが、見込み客一人一人に対し万全なフォロー体制を整える事ができます。