マーケティングオートメーションのメリット・デメリットって?

自動化によるメリット

マーケディングオートメーションには様々なメリットがあり、その1つが「適切に顧客へのアプローチがおこなえる」ことです。適切な顧客へのアプローチをするためには最適なコンテンツを最適なタイミングで提供する必要があります。そのためには膨大な顧客情報を分析する必要があるのですが、マーケディングオートメーションによってその分析業務の負担がかなり楽になります。
もう一つのメリットが「ヒューマンエラーを減らせる」ということです。
適切にマーケディング活動をおこなうと顧客毎に情報を集めて処理をしなければならず、膨大な作業量に合わせてヒューマンエラーがおきやすくなります。マーケディングオートメーションは機械が情報を正確にさばいてくれるのでヒューマンエラーは発生しなくなります。

自動化できないデメリット

便利なマーケディングオートメーションにもデメリットがあり、その1つが「すべて自動化できない」というものです。顧客へのメール配信や情報分析は自動でおこなうことができますが、マーケティングの発案やコンテンツ作成など自動化できない部分も存在しており、そうしたところは人の手対処しなければいけません。 便利すぎる機能もまたデメリットに転ずることがあります。マーケディングオートメーションではリードスコアリング機能をはじめナーチャリング機能、CMS機能、SEO対策機能など高度な機能を持っています。そのため自社でおこないたいことや知りたい情報をしっかり把握していないと機能に振り回されてしまい、思うような成果があげられないことがあるので注意しましょう。